ツールを使う前にすべき事

ここ最近、期間限定公開のせどりツール(サービス)、

「Amazon-Rank通常版」をお勧めさせて頂いてます。



ですが、こういう便利ツールが出ると、
良く思い違いをされる方がいるんですね。



何がって?



それは、ツールさえあれば、
楽に稼げるっていう思い込み、というか淡い期待(笑) です。



つまりは何もしなくても、
ツールが稼がせてくれる・・・・みたいな。



いや、それは違うでしょう。^^;



あくまで、
ツール、(またサービス)というのは、

それ自体が無くても作業は出来るけど、
あればもっと効率的に出来るというものです。



で、効率は出来ても作業は必要です。



そのツールやサービスが、
どういう目的を持っていて、
何の機能を効率化しているのか・・・



そんな流れとか、また仕組みとかを
自分なりに理解しておくことは大事ですよ。




私は仕事がIT関係ですが、

スクリプトとか使って、
システム運用に便利で効率的なツール等、
結構作ってます。



で、それをメンバーに
使ってもらったりしています。



作る方としては、当然処理の流れとか、
仕様を理解した上で作ってますよね。



でも、その仕組みを知らない人が使って、
エラーが出たりした場合、
原因がわからなくて止まっちゃうんですよ。



それは、そのツールの処理の中で何をやってるのか、
仕組みを知らないからです。



で、結局はトラブル解決能力がいつまで経っても
つかないということになっちゃうんですね。



ちょっと難しい例ですいません ^^




つまりは基本が
大事ということですよ。




この「Amazon-Rank」の場合だったら、
Amazonを使った電脳せどりをやるわけですよね。



だったら、
Amazonの本体サイトを使って、

「電脳せどり」自体が
出来るようになることがまずは基本です。




まぁ、当たり前ですけど^^




Amazon本体サイトでは何が出来ていて、
「Amazon-Rank」では、そこから
何が効率良く出来るようになっているのか?



ということをぜひ、順に操作していって
実感してみてほしいですね。



Amazon本体を使った、電脳せどりのやり方については
こちらの「オンラインせどり」のレポートが分り易いです。
(最初のアクセスから3日間限定)
 → http://bem1.net/s/onsedori/



もう、持ってる方も多いと思いますが、
電脳せどりの基本はまさにコレなんで、
ぜひ始めに見ておいて下さい。




で、Amazonの本体サイトを使った
電脳せどりの基本の方法がわかったら、

効率化の為に「Amazon-Rank」
活用していくといいです。




基本の作業がわかってたら、
触っていくうちにいろいろと応用が利くようにもなりますよ。



ぜひ上手に
ツールを使ってみて下さいね。

↓ ↓ ↓

『Amazon-Rank通常版』




次回は、そんな応用を利かした技を
少し紹介します。





それでは^^



◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ