即決価格の設定について

オークションで出品する時に、
即決価格を設定することが出来ますが、
これを皆さんは利用していますでしょうか?


使い方によっては、この即決価格を商品の出品ページに設定しておくと
かなり効果的です。


まず、
即決価格をどういう商品に設定すべきかというと、

それなりに商品が出回っていて、
相場がある程度決まっている商品
があげられます。


だいたい、
相場の1,2割増し から 1,5割増しくらいの範囲で
即決価格を設定すると有効です。



私が良くやっているやり方としては、

相場がある程度決まっている商品の場合、
出品開始価格は相場より少し高めで出品し、
即決価格にそこから1,2~1,5割増しの価格で設定します。


例えば、
相場が3000円くらいの相場の商品の場合、
3,200円で出品し、
4,000円くらいの即決価格を設定します。


(この辺りは状況判断によって金額設定は多少変わりますが..)


これで何が効果的かというと、

まずは、入札を検討されている方が
その即決価格の金額を見ると、

相場より幾分高いので、それに比べると出品価格の表示が
少し安く感じられます。


これで、即決はしないまでも、提示されている少し高い出品価格で
入札してもらえることがあります。


ただし、これは他の出品物と金額などをじっくりと比べようとしている人の場合は、
実際の出品価格が少し高いということは変わらないので、
あまり効果が無いかもしれません(^_^;)


それ以外には、
オークションで商品を探す人は、
基本的には欲しいものがほとんど決まっていて、
商品名などで直接検索する人が多いということです。


ということは、心理的には早めにその商品を欲しいと思っている人が
多いわけですね。


そこで同じ商品のほかの出品ページを見て、
即決価格を設定されていなかった場合、

少し高くても即決価格を設定しているこの出品者から、
即決で買おうということになることも良くあります。


「すぐに欲しい!! 」

という人にとって効果があるということですね。


もちろんこれは
出品者としての評価や、

出品ページに必要な情報が書いているか、

などいろいろな要素によって判断されますが...


これで結果的に相場より少し高めに落札されることが良くあります。



ポイントとしては、
即決価格を高く設定すぎないことですね。


時々かなり高い即決価格を設定している人を見かけますが、
相場よりあまり金額が違いすぎると、
敬遠されて即決で落札される可能性は非常に低くなります。



相場より高すぎない程度で、幾分高めの金額がいいですね(^_^.)
(1,2割増し から 1,5割増しがいいということです)



また、相場がはっきりとしない商品に即決価格を設定すると、
それがもし隠れた人気商品だった場合、

アクセス数やウォッチリスト数がかなり多くなっているのに、
即決価格で落札されても、

「本当だったらもっとあがったはずなのに...」

というちょっと複雑な気持ちになってしまうこともあります。


あと、即決価格の場合、
中には新規のIDの人で、
簡単にイタズラ入札をすることも出来てしまうので、
それがいやで即決価格の設定をしない人もいますね。


それはそれで構わないと思いますが、
それほど頻繁にイタズラ入札されることも無いと思うし、
(実際良くされている人はごめんなさいm(__)m)

それよりも即決価格を上手に設定して、
少し高めに落札してもらう戦術を意識してやっていることの方が
長期的には良い結果が出るのではないかと思っています。


商品の性質や、人それぞれの販売スタイルも
あると思うので、

即決価格についての私の考えを参考にして頂いて、
オークションを楽しんで頂ければ幸いですね。


それでは。







◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ