せどりの目利きはキーワードから

ブログの配信が久しぶりとなってしまいました。
4日間だけですが^^


本業の仕事がちょっとピークで、
しかも体調も少し崩してしまいました^^;


急に寒くなったので
あなたもぜひお気をつけ下さいね。



さて、最近はちょっと忙しくて
平日はブックオフが閉まる時間までに
仕入れに行くことがなかなか出来ない状態だったりします。



そんな中でも先日、
ブックオフが閉まる直前に仕入れに行ってきて
3点ほど仕入れました。



その中の一つですが、あるクラシックのオペラのCDで、
出品してから5日ほどで売れましたよ(^^)



仕入れ値は3,000円ですね。





意図的に最安値にしてませんでしたが、
それでも売れました。



CDにしては仕入れ値がちょっと高いですが、
高く売れると分かってましたからね。




それは何故だと思いますか?




以前にも書きましたが、
私はクラシック音楽が好きで、
それなりに詳しいところもあります。



実は仕入れの時間が無い時は、
クラシックのCDやDVDのコーナーを
見ることも多いんですが、


それで、売れるキーワードの組み合わせで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「これは!!」と思うものをサクっと見つけることが出来ましたよ。




「売れるキーワード??」


って疑問に思われるかもしれませんが、

せどりである程度目利きをつけてきている方であれば、
いくつかそういうキーワードの組み合わせは
体験的に持っているはずです。



今回のクラシックで言うと、

「作曲家」「タイトル(ジャンル)」「指揮者(演奏者)」

のキーワードの組み合わせになりますか。



この3つの組み合わせで
高値になり易いものをいくつか知ってたりします。



これは、名前を覚えているというよりかは、体で知っていて
マッチする商品群を見つけると記憶が蘇ってきて、
閃くような感じですね。



ちょっと表現が難しいですが^^;



で、今回は、

「ワーグナー」 「神々の黄昏」 「カール・ベーム」

でした。



ワーグナーのオペラの中でも「神々の黄昏」が断然人気が高いですし、

それも指揮者が「カール・ベーム」なので、


「これは希少品かな?」


と思って、携帯サーチで調べたら、
やっぱりAmazon在庫切れでしたね^^



なので定価より高く売ることが出来ました。


クラシック音楽に興味があまり無い方であれば、

「何のこと?」

という感じかもしれませんね(笑)



最初は沢山リサーチして、
高値になりやすい、またランキングが高めの
指揮者や演奏家に関係する商品を覚えてくると、
少しづつでもせどりで売れるキーワードがわかってくるはずです。


上を見れば切りがないですが、
これは決して難しいことでは無いですよ。
継続してやるかやらないかだけです。



他のジャンルでも基本は同じですね。



今回、このCDは単価が高いのでゆうパックで送りましたが、
到着後、すぐに次の評価を購入者様からAmazonの評価で頂きました。


 「貴重な商品を丁寧に梱包の上、迅速にお送りいただきました。
  満足しております。ありがとうございました。 」



Amazonマーケットプレイスは、どちらかというと、
ヤフオクに比べて評価して頂ける確率がかなり減りますし、
厳しい評価ももらうこともありますが、
こんな評価をもらえるとすごく嬉しいですよね♪



これを見て思うのが、
決してこのCDの値段は高くはないんですよ。



この購入者さんは、
満足してますし、
「安い」と思ってたかもしれません。



顧客に満足感を与えることができて、
本当にせどりは楽しいですし、
やりがいがありますよね



12月は物が売れやすい時なので、
ぜひあなたも頑張って下さいね。



沢山、仕入れに行って、リサーチした分だけ
目利きもついてきます。



私がせどりで目利きを付ける方法を学んだのは

こちらの教材です。

↓↓
http://sedorisanko.bem-win.net/




追伸

先回、「せどりの眼」を読んだ感想・レビューを
次回でということでお伝えしてましたが、
また次ということにさせて頂きますね。


実は、「せどりの眼」のノウハウを
もっと早く知ってたら、
今日紹介したCDも
もっと高く売れたのは間違いなかったです。


本当ですよ!

次回をお楽しみに^^





◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ