タイトルじゃなくてリサーチを!

タイトルなんですが、
「サーチ」じゃなくて、「リサーチ」・・

この違い、お分かりでしょうか?



似たような言葉ですし、
そもそもこの違いを意識することは無いかもしれませんね。



というか、知ってどうすんの?

って感じかもしれませんが(笑)



でも、結構この違いって大事なことなんですよ。



ま、言葉の違いを単的に言うと、

「サーチ」は、調べる、探す、、

「リサーチ」は、調査、研究、、

という意味で使われます。



これ、せどりで言うと、

「サーチ」は、

 バーコードリーダーを使って機械的に調べる、
 Amazonランキングを頼りに調べる
 目利きより効率重視
 Amazonの相場だけを調べる


「リサーチ」は、

 ”キーワード”や”言葉”を入力して調べる
 キーワードから横展開して調べる
 目利きを活用する
 Amazonだけでなく、ヤフオク相場も調べる


などと言ってもいいかもしれません。
(独断で分けました^^)



ま、これは一概にサーチだけではダメで、
リサーチもしないとダメです!

・・と言ってるわけじゃないです。



せどりのやり方、スタイルは
今やいろいろあります。



ましてや、稼ぐという目的からすると、
サーチだろうが、リサーチだろうが、
どっちでもいいわけです。



自分にあってさえいればいいんですよ。




でも昨日ご紹介したヤマケンさんは、

「リサーチ」することの重要性をすごく強調されてます。



サーチじゃなくて、リサーチを!
ということですね。



私も最初知った時にビックリしましたが、
ヤマケンさんは、外でもオークファンを使って
ヤフオク相場をキーワードで検索するんですよ。



ISBNやJANコード検索じゃないんです。



これは慣れないと凄く面倒ですよね。



で、このキーワードで検索すると、
JANコードだけではヒットしない情報も
取ることが出来ます。



また複数ヒットする中から、再販や版の違いを
見つけやすくなりますし、

また関連商品を横展開で広げながら探していく際には
非常に有利です。



なんで、リサーチをぜひすべし! ということなんですね。



これは普段は機械的にコードで調べつつも(サーチ)、

これといった気になる商品などがあれば、
キーワードで調べて(リサーチ)、取りこぼしがないようにする。



この意識を持つだけで、
目利き力は確実についてきますし、

それこそが「楽しく継続して稼ぐせどり」であり、

せどりの良さ、素晴らしさは
こういうところにあるんじゃないかなー

と思いますね。



ま、これはいろんな意見があるとは思いますが。



効率を最優先にして、
利益率を下げても、とにかく回転重視というスタイルもいいですが、

私はやっぱりそれだけじゃ
「面白くない!」

と思いますね。



お宝商品を見つけた時の喜び、
それが高い価格で売れた時の喜び、

そういった気持ちもぜひ大切にしたいです。



売れ筋の新品だけのせどりだと
中々こういう高揚とした気持ちを味わうことは
少ないわけで。



また単なるサーチじゃなくて、リサーチ力をつけていくと、
確実に目利き力がついてきます。



そして今後、物販に限らずどんなビジネスをやるにしても、
その経験は大きなスキルになってきますね。



私も今思えば、ヤマケンさんの影響で
キーワード検索もしながら
考える力をつけてきたのが非常に良かったと思います。


コード検索だけだと
どんだけ取りこぼしてたかわからないですね。


ということなんで、
やっぱりサーチも必要ですが、
意識的にリサーチもしていくべきです。



そんなリサーチ力を楽しみながらつけていく為にも
ヤマケンさんの方法をぜひ取り入れてみて下さい。



例年、年末はレアな商品も、ランキングに関係なく
結構売れることが多いです。



こんな時期だからこそ、
どんどんリサーチしていくべきですね!





 ⇒  ▼「全方位型良品発掘せどり」Bem特典付き




◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ