世界一ずる賢い価格戦略

先日ご紹介してました、
ダイレクト出版の
「世界一ずる賢い価格戦略」という新刊本ですが、
昨日、家にも届きました!


証拠^^ ⇒ 世界一ずる賢い価格戦略



で、早速、今読んでる最中なんですが、
いやー、これマジで面白いです。


とういうか、読んでて爽快ですね。



ネットビジネスをやっていて、
「価格をどうするか?」

というシーンは
常にあると思います。



特に、せどりやオークションなどの物販を
やってる方は、
各商品の価格を常に自分で設定しているはずです。



で、普通は相場を確認して、
同じ価格、または少し安い価格とかに
するでしょう?



でも、それが本当に適正価格なのか?
ってことです。



結局のところは、
本当の意味で価格というのは、
売る側が決めるんではなくて、
消費者(ユーザー)が決めるものだからです。



相場というのは常に変動しますし、
状況によっては
自分で相場をコントロールすることも出来るものです。



「せどりの眼」という教材を
持ってる方も多いと思いますが、

私がもっとも印象に残ってたのも、
まさにこういうところでした。



長尾さんのお父さんが、長尾さんのアドバイスで
あるCDを試しに5万で出品したら3日で売れたという話です。



商品の価値とユーザーのニーズがマッチしていれば、
5万円の単品CDでもユーザーは
喜んで買ってくれるというわけです。



私も、過去の相場が1万円台のCD-BOXを、
3万円台で出品したら
すぐに売れたなんてこともありました。



結局、
自分の狭い価値判断だけで、

「どうせ高くしても売れないでしょうー」

って思って、適当に常識的な価格で出品すると、
利益を最大化できません。



俗にいう俺様価格で試してみるということも、
商品によっては全然ありです。



これは決してボッタクリじゃないですよ。



また、同じ原価の商品でも
付加価値を上手につければ、
高く売ることはいくらでも出来るわけで。



ま、そんな例がこの本では
いくつも書いてありましたね。



やはり、この本を読んでて強く思うのが、
安くするしか手が無い方法では
これからは生き残れないなー

というところです。



これ、別に物販だけでなくても
アフィリエイトの特典戦略でも
同じことが言えるわけです。



最近多いですが、
何でも特典をつけまくれば
いいというわけでは無いということですね。

(私も耳が痛いですが><)



ということで、
自分への戒めも含めて、
かなり学ぶところが大きい本です。



で、
この「世界一ずる賢い価格戦略」ですが、
「月刊ビジネス選書」というサービスの
30日お試し申し込みでもらえます。
(送料と手数料の550円のみ)



「月刊ビジネス選書」というのは、
毎月、新刊の洋書ビジネス本を
送付してくれるサービスですが、

中身を読んで気に入らなければ、本の返品が出来ること、
そして、本を返品した月はサービス料は課金されない

というびっくりする保障があります。



もちろん、30日の無料お試し期間中に
解約するのは自由ですし、
解約しても、「世界一ずる賢い価格戦略」の本は
返品する必要はありません。




ただ、
在庫が先着1,500名に限られてるんですね。



もうあっという間に半分以上無くなってるので、
近いうちに無くなりそうなペースです。



何らかの商売をされてる方(みんなそうだと思いますが)は、
必読の1冊と言ってもいい良書です。



これが、送料550円のみで手に入るということですから、
ぜひ機会を逃さないように気をつけてくださいね!



 ↓

※キャンペーンは終了しました

が、

「世界一ずる賢い価格戦略」の本は
こちらからご購入できます。


http://bem1.net/s/priceplan/







ではでは^^



◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ