残業や飲み会を避けた方が上手くいく

副業でネットビジネスをしている方は
かなり多いと思いますが、

もしかすると、その働いている会社が、
俗にいうブラック企業という方もいるかもしれません。


朝早くから夜終電間際まで働いて、
土日もほとんど無かったりとか・・
だとしたら大変ですね。


ま、そうでなくても、
休み明けの出勤の場合は、
少し憂鬱な気分になる方もいるかもしれませんね。



ただ、仕事の状況を見据えて考えて欲しいのが、
本当に残業までして、その仕事をする必要があるのか?


ということです。



私はIT関係の仕事をするようになって、
気がつけば17年くらいにはなりますが、
一度も正社員として働いたことはありません。



とは言え、契約社員の立場でも、
現場でリーダーとして正社員の人を指導する立場だったこともあります。



かなり昔にはなりますが、その位置についていた時は、
確かに毎日終電間際まで働いて、良く土日も出勤してました。



ま、ほぼ破綻していたプロジェクトだったので、
仕方なかったんですが、
結局板挟みになって、鬱になってしまったわけですよ。



でしばらく休職して、
契約する会社を変えて復職したできたわけですが、

そこで思ったのが、
下手な責任感を持って仕事してても、
結局はバカを見るだけということです。



ちょっと極端な考えだったかもしれませんが、

限られた人生なのに、周りに気を使って、
ストレスを貯めまくって、
健康まで害してたら意味ないじゃん。

って思ったわけです。



で、その後の私の仕事スタイルとしては、
責任持って出来ない仕事は断るようにしましたし、
残業もなるべくしないで早く帰ることを心がけるようになりました。



仕事上の付き合い(飲み会)とかは、逃げ切れないと思うもの以外は、
ほぼシャットアウトしてます。



もう会社の飲み会って、気の合ったもの同士ならまだしも、
めちゃくちゃストレス貯まるので、本当昔から嫌なんですよね。
(お酒も全く飲めません)



もちろん、自分がやるべき事は
きちんとやった上でのことですが。



というか、そういう態度を取ると、
あいつは付き合いがあまり良くないし、
早く帰る人というキャラになるわけです。



それでも求められている以上の仕事を普段していたら、
何にも問題ないんですよ。



意外とその方が上手くまわるし、
仕事が出来る印象を与えられるものです。



良く仕事を頼みやすい人っているじゃないですか?



何でもハイハイって言って仕事を受けてしまうと、
本当残業しないと出来なくなるわけで、大変です。



ま、仕事の状況によっては
どうしても早く帰れないこともあるかもしれません。



でも、もし周りが残っているので、
【雰囲気】で帰れないとか思っているようであれば、
その意識は変えるべきだと思います。



ストレスをためて、健康を害してしまっては、
何のために働いているのかという感じですし。



ネットビジネスをやっているのであれば、
尚更どうやって時間を確保すべきか
考えないといけないですしね。



ということで、
ぜひ一度、仕事のあり方、取り組み方を考えてみて下さい。




ではでは^^


◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

One Response to “残業や飲み会を避けた方が上手くいく”

  1. こんにちは。

    僕も時間の使い方を変えてから、成果が出始めました。
    人生で使える時間は有限なので、くだらない人間関係なんかに時間を使う必要はないです。

    記事にあるように”付き合いの悪いキャラ”になることも、時には必要ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ