クロネコヤマトの変化

最近、クロネコヤマトにいろいろと動きがありますね。


来月から、
クロネコメール便はB4サイズの取り扱いを止めて、
A4サイズのみになります。


また、サークルKと業務提携しているので、
昨日くらいから、そのサークルKでも、
宅急便、メール便の取り扱いが始まりました。



まぁ、私は発送する時に、
B4サイズでメール便を使ったことはほとんど無いので、
大して影響は無いですが。



でも店舗が多いサークルKでも、
メール便出せるのは便利になりましたね。



さてさて、

今日はクロネコメール便にちなんで、
送料を節約するちょっとした技、というか小話を。



私は1年ちょっと前くらいまでは、
せどりで仕入れた商品の80%~90%くらいは
ヤフオクで売ってたんですね。



大体が、日曜日の夜、終了するようにしていて、
月火で落札者とやり取り、入金確認し、
火水で発送するというパターンでした。



で、扱う商品はCDやDVDや楽譜が多い為、
一番良く使ってたのは、クロネコメール便です。



本業があるので、
ヤマトの人に集荷に来てもらっても留守の為、
大体が通勤時に直接営業所に持って行ってるんですよ。



コンビニでも受付出来ますが、
融通が効かないので、基本はヤマトの営業所です。



つまり、コンビニだと皆、厚みが2cmになっちゃうんで。
(2cm=送料160円ですね)



それが、クロネコの営業所だと、

明らかに厚みが1cmを超えてて、
場合によっては2cmも超えてるかも?
という商品でも1cmで計算してくれることがあります。
(1cm=送料80円ですね)



ただ、これは営業所によっても、
また同じ営業所でも担当者によって違ってきます。



で、そこで通勤時に寄れる範囲の
営業所を全部調べて、
時間を少しづつ変えてみたりしながら、
いろいろな所に持っていってみたところ・・・



会社の近くのある営業所が、
いつでも全部80円にしてくれました。



それも、受付開始直後の朝8時過ぎで、
対応してくれる方が20代前半の気前のいいにーちゃんであれば、
確実です^^



コンビニだったら、
全部160円になるところなので、

数が多くなると
相当経費が違ってきますよね。



当然、それからは、
なるべくその営業所に出すようにしてました。



ちょっと不謹慎かもしれませんが、

「今日は当たった!ラッキー!」

とか、

「今日は残念!でもまぁいいか」


っていう感じですね。



ある種のゲーム感覚ですね。



全部160円で請求するコンビニの人が、
本当はサイズをきっちりと見てるので、
正しい仕事をしていると言えるでしょう。



でも、こうしてヤマト営業所で、
ふれあいから得られるサービス、
送料の駆け引きというのも
面白いじゃないですか。



ま、運送会社と大口契約されてる方でしたら、
こんなこと気にする必要は無いですが、
数が多くなると送料の違いもバカにならないです。



そう考えると、
営業所ごとの特徴を知っておくことも大事ですね。



地方の方で、選択肢がほとんど無い場合は
仕方無いですが、
営業所によっては、見事に対応の仕方が変わりますね。



まー、今では私もAmazonのFBAをほぼ使うようになったので、
めっきりヤマト便を使うことが少なくなりましたが。



オークションをやってると、
落札者とのやり取り、梱包など確かに大変な面もあります。



でも、Amazonせどりにない
魅力、楽しさというのが他にもあるんですね。



特に、お客さんから生の良い評価や、
お礼をもらうことがあると嬉しいものです。
(ヤフオクでは多いです)



もし、あなたが
オークションをまだ本格的にされてないのであれば、
まずはこちらから始めてみるというのもいいですね。

(21日間無料お試しが出来ます)


 ↓

http://bem1.net/s/aucsellers/






それでは、また^^



◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ