クラシックCDで高く売れる、あるシリーズ

この週末は、久しぶりにメルぞうにある
無料レポートを沢山見てました。



相変わらずせどり関係のレポートがもの凄く多いです。



メルぞうの今の新着ランキングの上位は
全部せどり系か? という感じですね。

(全部じゃないけど)



ま、そんな中でせどり系のレポートの中でも
1つだけ、目についたレポートがありましたよ。



申し訳ないけど、
他の多くのレポートは、実績が素晴らしいのは分かるんだけど、
何故かあまり興味がわかなかった。

(というかタイトルだけで判断して見てないのも多いけど・・)




で、何でそのたった一つのレポートだけ目についたかと言うと、

「クラシックの新品CDせどり」

がテーマだからです。



クラシック音楽通の私としてはちょっと見逃せないです(笑)。




クラシック音楽のCDやDVDって、
高利益になる演奏家や、レーベル、CDのシリーズは
沢山あるんですね。



演奏家で言ったら、例えばカラヤンとかクライバーなんて
人気が高いので、数も結構売れます。



そんなクラシック音楽のCDですが、
このレポートで扱っているのは、【新品CD】です。



ある一つのシリーズが具体的に紹介されてるんですね。



まぁ、普通にタワーレコードみたいな
大きな店舗に行ったらありますね、コレ。



定価もすごく安いですし(笑)



私も良く経験して感じていますが、
クラシックのCDはそんなに沢山プレスしていなかったりするので、
良く在庫切れになるんですね。



それで定価1,000円くらいの廉価版のクラシックCDが、
5,000円、7,000円とかで売れることも珍しくないわけです。



クラシックファンって、ちょっと年配の方で、
お金に割と余裕のある熱狂的なファンが多かったりするので。



このレポートはメルぞうの新着でもかなり上位までいったので、
多分このレーベルのシリーズについては、
一時的にはライバルが増えて飽和する可能性はあります。



ただ、私がせどり教材の特典につけていた
クラシックせどり」の特典にも書いてますが、

同じような安い定価で、
価格が高騰しているシリーズはまだまだあるんですね。



つまり、他にも探せばあるというわけなんですよ。



まずは、このレポートの8ページから10ページにかけて、
該当シリーズのCDの見分け方がめちゃくちゃ丁寧に写真付きで書かれているので、
それを覚えましょう。



で、クラシックCDを扱っている大型店舗が近くにあれば、
ぜひ行ってみて確かめてみて下さい。



地域性にもよりますが、
割と簡単に見つかるかもしれませんよ♪




 ↓

http://bem1.net/s/clscdrep/





では^^



◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ