クラシックでは再販をどう確認する?

先日、ステイブルせどりのご購入者さんから
こんなご連絡を頂きました。

ちょっと引用させて頂きますね。


▼ここから
———————————————————
お久しぶりです。

ステイブルせどりを購入させていただいたOです。

購入後、マイペースですがせどりを実践して
少しずつ利益も上がってきています。

そこでさらにBemさんの特典を利用し
クラシックせどりを実践してみようと思いましていろいろ調べているところなんですが
少し疑問がありましたのでメールさせていただきました。

クラシックせどりで商品を探すときの再販の確認方法についての質問なんですが、
アマゾンで直接商品名を打ち込んで
同じタイトルが複数表示されれば再販という解釈でいいんでしょうか?

また再販である場合今手に取っている商品を特定する方法はあるのでしょうか?

———————————————————
▲ここまで



Oさんは、マイペースとは言っても
着実にせどりで利益を上げられてるようなんですね。



着実に成果が出ているって嬉しいですね!



で、私の特典にあったレポートから、
これからクラシック音楽のせどりにも
取り組もうとされてるとのことです。



まー、確かに、クラシックって
再販が多いんですよね。(汗)



演奏家が古い時代の人であればあるほど
著作権も緩いですし、

タイトルによっては、
再販だけで、10回くらい発売してるのもあったりするくらいです。



また、タイトル自体が、
よく似た名前だったり、長すぎたりして、

クラシック音楽の知識が無いと、
良くわからない! となりかねません。



ということで、再販を確認するといっても、
リサーチの方法がそもそも
難しいかもしれませんね。



で、こちらのOさんとは
何度かやり取りさせて頂いたんですが、

クラシック音楽で、
そんな再販をチェックする方法について
今日はちょっと書いてみますね。



クラシックでは比較的、
再販かどうかを判断する為の要素が多いんですね。



例えば、オーケストラ曲の場合だったら・・・


作曲家、曲名、指揮者、オーケストラ名、
またジャケットも併せて、
総合的に見て判断する必要があります。



ただ、
基本は演奏家と曲名だけでまず検索してみて下さい。



例えば、

『カルロス・クライバー指揮ウィーン・フィルハーモニーオーケストラ演奏の
ベートーベン交響曲第5番』


とかでしたら、


「クライバー ベートーヴェン 5番」

のような感じで調べて見るといいです。



そして、その検索結果から更に絞っていく感じです。



検索窓に、丁寧に長い曲名を
そのまま入力する必要は無いです。



わかる範囲で、
タイトルのポイントを上手く抜き出す感じですね。



で、その検索結果から、
タイトルを絞って再販の判断をすることになります。



今日あげたキーワードはかなり沢山似たようなタイトルが
ヒットしてしまうので、ちょっと絞るのは大変ですが・・



まぁ、普通は曲名と演奏家(指揮者)で
検索すれば大体は判断出来ると思います。



店頭だったら、
ジャケット写真も併せて確認すると
判断つきやすいですね。



それでも判断出来ない場合があれば、
オークファンでも検索してみるといいです。



これでほとんどが分かります。



とにかく、クラシックのリサーチのベースとなるのは、
作曲家や曲目よりも、演奏家なんです。




ランキングの高い、また売れやすい商品が多い
演奏家を覚えておく・・

というのが1つの肝です。



( ここ大事ですよ^^ )



今日上げたクライバーなんて
ランキングに関わらず、
非常に売れやすい指揮者の一人です。



・・と、コレ以上突っ込んで書くと
クラシック音楽せどりの特典を受け取られている方に
怒られそうです^^;



高ランキングで売れやすいものは、
やはりJ-POPなどのポピュラー系に多いですが、
クラシックでも売れやすいものは一杯あるんですね。



他のジャンルのせどりで売上が上がってきている方は、
クラシック系もぜひ積極的に
取り組んでみられるといいですね。



「ステイブルせどり」では、
今月末まで期間限定のQ&A音声特典があります。



これから本格的に
せどりに取り組もうと考えておられる方は、
この機会にぜひ一歩踏み出してみて下さい。



クラシックせどりの実践ポイントをまとめた私からの特典も
ぜひ併せて実践されるといいですね!


 ↓

▼「ステイブルせどり」Bem特典案内&レビューサイト




◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ