送料の説明で落札率を上げる

ネットオークションで
落札率をあげる為のコツを一つお話します。


それは送料の説明です。


送料に関する商品説明については、
次に見られるような方が比較的多く見受けられます。

 ・商品説明また配送方法の欄に発送方法も送料も何も書いてない

 ・発送方法は書いてあるが、送料については書いてない



扱う商品にもよりますが、
比較的高くないもの(例えば、1万円以内)であれば、
落札者からすると、
商品金額と送料との合計で、
総落札金額を計算することが多いんですね



特にオークションの経験の比較的少ない方の場合は、
送料が書いてないと不安になります。


発送方法には、
 普通郵便、
 クロネコメール便、
 ゆうメール、
 定形外郵便、
 レターパック500、
 レターパック350、
 ゆうパック、
 宅急便、
 はこBOON

などいろいろありますが、
当然それぞれの発送方法によって送料が違ってきます。


中には、安い送料である
クロネコメール便やゆうメールなどを、
補償がない関係で扱っていない出品者もいたりします。


そのことを商品説明、
また配送方法の欄に記載していないと、
後々トラブルになる可能性もあります。


そういったことから、
少しでも入札希望者の不安を解消するために、
送料は明確に記載すべきです。


不安が解消されれば、
入札される可能性は当然高くなります。

ま、これは高額商品であっても
同じではないでしょうか?


この送料の説明が必要だというのは、
私が落札者として、
何度も経験したことからですね。


実際に、商品を落札するときに、
送料が不明なので不安になって入札しないことが
何度もあったんですよ!


また、送料の記載は無かったが、
どうしても欲しい商品だった為、
落札したところ、
思わぬ発送方法を指定されて、
高めの送料を請求され、
イヤな思いをしたこともあるからです。

(今思えば予め質問すれば良かったんですけどね)


つまりは落札者の立場にたって考えるということですね。


送料の記載についても
その為の当然の判断です。


もちろん、送料無料!とアピールするのもいいと思いますよ
これも一つの安心感を入札者に与えますね。


ぜひ落札者の立場にたって商品説明を書いて下さいね。


それでは。





◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ