自分のやりたい事や方向性を見つける方法

あなたは「本」が好きでしょうか?

いや、「本屋」に行きますか?



私は時々、大きな書店に入り浸ることがあります。



大きな本屋、また図書館もそうですが、
知的な雰囲気に満ちていて、昔から好きなんですね。



その空間にいるだけで、
とてもいい気持ちになりますし落ち着きます。



いろいろな知識に触れられる感覚はたまらないし、
ストレス発散にもいいです。



やっぱり本で知識を得ることは、
ビジネスではもちろんですが、
人生を楽しむ為には欠かせないものです。



ただインターネットを使ったビジネスをやってると、
ついネットで何でも調べて、そして買ったりして、
書店に行くことが少なくなったりしないですか?



せどりの場合は、良くブックオフなどの中古本屋には
行くかもしれませんが、ちょっと違いますね^^;




今日は何の話?
って感じですが。。。



いや、情報過多の今の時代は選択できる情報が多すぎて、
何かしようと思っても、

「自分が何をすればいいか分からない」

「今のままでいいのかな?」

と考えることは多いと思うんですよ。



そんな時、ネットでばかり情報収集をするのではなく、
たまには、大きな本屋に行ってみるのもオススメです。


・・・ってことを言いたいんですね。



そこで重要なことは、自分の関心のある分野ばかりでなく、
ジャンルに関係なく、いろんな棚を見てみることです。



タイトルや表紙を見て面白そうな小説とか、
雑誌とか、何でもいいので、いろいろと見てみると、

これまでに無い新しい発見もありますし、
わくわくするような楽しい経験をすることもあります。



本屋によっては、買ってなくても、
その場にある椅子で座って読めるところもありますしね。
(ジュンク堂はそれが出来るので好きですが)



ネットで何かのキーワードで、
知りたい情報を探してみても見つからないことも多いんですが、

大きな本屋に行っていろいろと見ていると
それが簡単に見つかることもあるものです。



私も何度もそんな体験をしました。



私にとって本屋での大きな出来事と言えば、
ある昼下がりにぶらっとビジネス街の本屋に行った時のことです。



何気なくいろんな棚を見ているうちに、
川島さんの本が目に入ったんですね。

(何度か触れてますが、働かないで年収5160万円稼ぐ方法という本)



めちゃくちゃゴマ臭いタイトルでしたが、
何故か面白そう! と思って手に取ったわけです。



で、それが、ネットビジネスを知る
キッカケになったんですね。


ま、その本は後でAmazonのレビューを見たら批判の嵐ですが、
そんなのは当時、自分が読んで良かったと思ったんで
関係ないって感じです。



本屋にはそうした新しい出会いも
求めていけばあったりもするものですね。



ネットビジネスをやるためと言っても、
情報教材や無料レポートだけが
知識を得る手段では無いので。



Amazonのレビューに左右されたりするんでは無く、
自分の目で広く本を探して、
見つけてみるのも楽しいですよ。



何か、軽めのふわっとした話題になりましたが、

大きな本屋にたまには行ってみて、
ゆっくりと過ごしてみるのも、
有意義で充実した人生を送る為には必要なことですね。



ちなみに、この本のシリーズの写真を見てると
大きくて綺麗な本屋に行きたくなります^^








ではまた!


◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ