オークション出品の効率化

今日は、久しぶりに
オークションについて書いてみます。


「せどり」では、
その手軽さからアマゾンマーケットプレイスのみで
販売されてる方が多いでしょうね。


アマゾンマーケットプレイスは
確かに手軽で出品時の手数料もかかりませんし、
FBAサービスを利用すれば、
仕入れ以外の時間をさらに有効に使えます。


でもオークションも併用すると
稼ぎの幅は確実に拡がってくるんですね。



それは、

仕入れた商品の中には
アマゾンで扱っていないものも結構あるからです。


例えば、通販教材もののDVDとか、
ファンクラブ限定のVHSやDVDものなどもそうですね。


CDも結構昔のものでは、
アマゾンに商品カタログが無いものも割とあります。
(特にクラシック音楽系とか)


プロマーチャント契約(大口契約)をしていれば、
商品カタログを自分で追加することも出来なくは無いですが、

出来ればこういう商品は
ヤフオクなどでも売るのが有効です。


ヤフオクなどのオークションでは
アマゾンとはまた違う顧客層がいます。


つまり、
アマゾンでは買い物しないけど、
ヤフオクでいつも落札して買い物するという方もおられるんですね。


それに落札後の手数料は
ヤフオクの方が断然安いです。
(アマゾンは15%+もろもろ、ヤフオクは5.25%)


なので、一見アマゾンの方が高く売れる商品でも
手数料を計算してみるとヤフオクで幾分安く売るのと
利益は変わらないということも良くあることです。


私も少し前までは「せどり」で仕入れた商品は
アマゾンよりもヤフオク出品がメインでしたので、
週1回週末の出品で、25品~35品ほどは一時期毎週出品してました。
(今はアマゾンメインにシフトしてますが)


これだけの数を標準のヤフオクの画面で
一つづつやってたらすごく大変です。


それと、オークション終了日は
やはり売れやすい日曜日か月曜日の夜間に設定するので、
10数件以上まとめて同じ時間帯に落札されたりします。


その後はその落札された数分、
全ての方にヤフオクの連絡ツールである「取引ナビ」で
落札者さんに連絡します。


その他入金確認、
発送後の連絡などは随時する必要がありますよね。


価格調査とか写真撮影なども含めると
ほぼ丸一日かかっちゃいますね(笑)


これら全てを手作業で1件づつ対応してたら
相当大変ですよね?


最初の頃は私も全て手作業で
やってましたけどw


でもヤフオクの出品作業に慣れてきたら
ぜひソフトやツールなども上手に利用したほうがいいです。


効率的に出品作業や落札後の対応が出来るようになるので、
かかる時間が全然違ってきます。


例えば、一つ出品するのに30分かかってたとしたら、
10分で出来るようになったりします。



では、どんなツールがあるのか?



次回に、私が実際に使用(愛用^^)しているツールも交えて
作業の流れに沿って公開します。



では次回をお楽しみに^^




それでは^^


◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

One Response to “オークション出品の効率化”

  1. [...] 品や落札後の対応では ツールも活用したらいいということを書きました。 → http://bem1.net/auction/aucefficiency1/ では、どんなツールやソフトがあるの? ということですが、 今日は私が [...]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ