Amazonで領収書が発行できます

ここ最近に限らずですが、
Amazonがいろいろと動きがありますね。



その一つですが、先月の末には、
Amazonのアカウントサービスの画面から
領収書が発行できるようになりました。




Amazonマーケットプレイスの出品者の場合、
これまでは購入者さんから領収書を要望されたら、
基本的に後からでも送る必要がありました。



その時には、
こちらの無料サービスを使うと便利でしたね。


(以前書いたブログの記事です)

http://bem1.net/tool/receipt/



でもその必要が無くなりました。



Amazonのヘルプでも、

「購入者は、サイト上で、購入履歴をご確認いただくことで、
出品者名義による領収書をプリントアウトしていただくことができます。」

と書いてあります。

http://www.amazon.co.jp/gp/hel……=200619370



ご存知の無い方の為に
領収書の表示方法を解説すると次の手順になりますね。



 「アカウントサービス」を開く

   ↓

 「注文履歴を見る」のボタンをクリック

   ↓

 該当の商品名のところの
 「領収書/購入明細書」をクリック

   ↓

 「印刷する」をクリック


という感じで簡単に購入者側で領収書の印刷が出来ます。



気をつけないといけないのが、
1回目に表示してそのまま印刷しないで画面を閉じてしまった場合、
次にまた表示すると、今度は「再発行」扱いになります。




ま、どうしても「押印が欲しい!」と言われたら
前述のサービスを利用する必要はあります。



でもこういうサービスについては、
出品者側からの要望が大きかったことですし便利にはなりましたね。^^



何だかんだで、
Amazonはサービスを充実させてきています。



いいことですね。



が、反面、

昨日Amazonからメールが来ていましたが、
FBAの手数料の値上げも予定されてたりします。


詳細はこちら
http://www.amazon.co.jp/gp/hel……=200940980



そろそろかな?と予想してましたけどね。



業界のパイオニア的な存在なわけですし、
これは充分有り得ることです。



かと言って
せどりはこれから厳しくなる!

とかいうつもりは無いです。



でも、薄利多売ばかりだったり、
価格を下げることしか考えてない状況だと
多少は厳しくなるかもしれません。



* 一点あたりの単価を上げる、

* 利益率を上げる

* ヤフオクも活用する


といったことはもっと意識していくことが大事だと思います。


他の出品者にない価値を提供出来れば
価格競争で疲れることもないわけです。


ともかく環境が変わってくれば、
自分自身も変わっていく必要があるということですね。




ということで
頑張っていきましょう!





ではでは^^



◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ