私がネガキャンをしない理由

今日は、ちょっと意味深な題名ですが、
ネガキャンってご存知ですか?


正式には、ネガティブキャンペーンと言うんですが、

簡単に言うと、
何らかの商品や、また人や組織などを批判したり、不利な情報を流して、
自分らのイメージアップを図ろうとすることですね。


選挙で良く使われたりするような戦略です。


こういう戦略を使ってる人が
ブログやメルマガをやってる人の中にも実は結構います。


特に、これが情報商材アフィリエイトだったりすると、

ある商材の批判記事を書いて、

「そんなの購入するくらいだったら、こっちの方がいいよ!」

ってな感じで誘導する手法ですね。


ま、これはこれでかなり有効な手法でしょう。


そもそも
ワイドショーが人気あるように、
「暴露」とかって沢山の人に興味を持ってもらえますからね。


真実を捏造してでも
面白くさせようとするのが最近のテレビの傾向ですし。


ま、こんなことはいいんですが・・・



ただ、私ははっきり言っておくと、


「こういうネガキャンは嫌いです!!」


もちろん、明らかに詐欺商材というのもありますし、
私もそういうものを購入してしまったことはありますが、
敢えて、批判記事を書く気にはなりません。


私が目標にしている夢リタの柴野さんなども、

「批判記事なんて書く必要は無い!」と

はっきり言ってましたよ。



「読者の為には批判記事も必要だ」

という意見もありますが、


そもそもどの商材にも欠点はあるわけですし、
結局、ネガティブなイメージに反応する人が集まる
ブログになっちゃうのがすごく嫌ですね。


ま、とは言っても私も全くネガティブな事は
書いてないかというと、実はそんなことは無いです。


メルマガの編集後記で軽く書いたり、
本文の中に含めたりするような書き方を
することもありますけどね。



それに、商材について問い合わせを受けた時に、
明らかにその人に向いてないとか、商材自体が良くないものだったら、
それはハッキリとダメだと言いますしね。


アフィリエイター仲間などで、
ボロクソにこの商材ダメだ!とか意見し合うこともあります。


でも、
明らかに一つの商材、
もしくは販売者、組織に対して、
批判記事だけで一つの記事にしようとは全く思いません。


記事内に含ませるときも批判内容をメインにはしません。


というかそれはやりたくないですね。


それに、そんな批判記事ばかり沢山書いてるような人とは
社交辞令でも付き合いたくないですね。


私も著名なアフィリエイターの何人かの方と
交流させていただいてたりしますが、

皆、あえて表立って批判記事は書かない人ばかりです。

(だからこそ交流させて頂いているというわけなんですが・・)


それでもすごい成果を出されてる方ばかりです。



ま、何でしょうね。


批判記事も大事だと言われるのは、ある意味
あまりにも薄っぺらいレビューとか記事が氾濫していて、
それらは基本は褒めることしかしてないから・・・

というのもあるんでしょうね。



だから、少しでも、その商材の批判記事を書いている人がいると、
この人正しいことを言ってる!とか思われるんでしょうね。


でも本当に正しい批判記事を書いてるかどうか
わかりませんよ。


明らかな詐欺商材だったら別ですが、

人によってはすごく役立つものもありますし、

ある意味簡単に批判するということは、
必要な人に必要なものを提案する機会が失われる可能性もあるわけです。


第一、完璧な教材なんて無いですし、
きちんとレビューしている人が多くいる教材を、
その一部分だっけとってみて、
揚げ足をとったのごとくそこだけ大きくして批判してるってどうよ。

って思います。

(言っちゃった)


もちろん、中には的確に書かれた
批判記事もあるかもしれませんけどね。



で、結局思うのが

ブログやメルマガをやってる人の
人柄というか信頼がどうかというところが
大切なんじゃないでしょうか?



普段の記事とか、問い合わせの時の対応などで、
どう信頼関係を構築しているかというところが
大きいのかなと思いますね。


まぁ、良く考えてみると批判記事を書くとか、
書かないとかというのは
実際は表面的なことでしかないかもしれないですね。



で、今日は何が言いたいかというと、

「私のブログ、またメルマガはネガティブなイメージにしたく無い」

ということ、


大袈裟なことを言っちゃいますが、

訪問者の方に希望を感じられるような
ブログやメルマガにしたいということ。



まさにコレです。



そうして、希望を感じて頂ける中で
ぜひネットビジネスで稼いで頂きたい、
その手助けが出来れば・・・ということです。



私も本業の過酷な労働環境や人間関係で、
一時期うつ状態までいって仕事をするのが
困難な状況になったことがありましたし、
批判されることについてはすごく敏感です。


誰だって批判されるのは嫌ですよね?


自分が嫌なことを人にするのはやりたくないです。


別に販売者に気をつかってるわけじゃなく
批判行為そのものについてです。



もちろん、信頼というからには、自分がもっと頑張って、
より実績も出さなければいけません。


実際、意思が弱くて怠けがちなので、
自分を鼓舞する為にブログやメルマガをやって
情報をアウトプットしているというのもある意味あります。


また、ブログやメルマガをやってる理由として、
アフィリエイトで稼ぎたいというのはもちろん大きいですが、
同時に読者さんと一緒に成長していきたいというところがあるんですよ。


「綺麗事を言うな!」と

言われるかもしれませんが、

実際そうなんですから。



とにかく

「一緒に楽しく頑張ってやりましょうよ」

ということです。




「本当にそうなってるの?」

と言われると全然まだまだですが、
常にそう意識しています。


ま、実際は意識できてなくて、


おかしな記事やレビューを書いたりとか、
結構ありますが、

大きく軸はぶれてないつもりですよ。


もし、あなたがネガティブなイメージになっていたり、
不安に思ってることがあれば、

ぜひ私までメール下さい。



どうすれば、今の現状を打破して、
成果を出していけるか、
一緒に考えてみましょうよ。


メールフォーム ⇒ https://ssl.form-mailer.jp/fms……55da171247



今日は、ちょっとこのブログ、メルマガの趣旨とは
違ったことを書きましたが、


最近、今日書いたような内容で
いろいろと感じることが大きかったので、

思ってることを書かさせて頂きました。


気を悪くされた方がおられましたら
申し訳ありません。


次回からはまた通常の記事に戻りますね!





追伸)

なんか良くみたらネガキャンぽい文章になってしまった^^;

文章って難しいですね~





では^^




◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

4 Responses to “私がネガキャンをしない理由”

  1. Bemさん
    こんにちは!アルルです。

    最近はロムってますが(^^;
    すごく共感しました。
    私も読者さんに楽しく前向きな文章を心掛けています。
    読者さんの成長を一緒に喜びたいですよね。

    たとえネガティブな事をこぼしても、
    前向きな気持ちに繋げるて大事だとおもうんです。

    応援してます!

  2. こんばんは☆ 詠美です。

    よくおじゃまさせていただいてるんですが、
    もしかして初コメントかもしれません。

    私もネガティブな記事や、批判記事は苦手です。
    (ネガキャンっていうんですね!φ(..)メモメモ)

    今までに、数回、きつい意見の記事を書いたことがあるんですが、
    負のエネルギーというのかな・・・
    書いたあと、自分が考えすぎて、
    自分が寝込んでしまうんですよね。

    読者さんからの反応は、
    そういう時のほうがいただけたりもしますが、
    なによりも、自分が毒にやられるという感じです。

    個人的なメールで、辛口意見のお話をさせていただくのは日常ですが、
    メルマガやブログなどでの発信は、
    自分の気持ちを傷つけてしまう場合が多いです。

    だから、自分のためにも、読んでくれる読者さんのためにも、
    明るく笑顔の情報発信を心がけたいと思っています^^

    応援☆

  3. Bem@管理人 より:

    アルルさん、
    コメントありがとうございます。

    共感していただけて嬉しいです。

    そういえばアルルさんは
    いつも前向きでブログの雰囲気も明るいですね。

    きっとファンも多いんでしょうね。
    私も見習います♪

  4. Bem@管理人 より:

    詠美さん、
    コメントありがとうございます。

    そうなんですよ。

    言いたかったのは、そういうことなんですね。
    言葉足らずの文章でした^^;

    批判することで、負のエネルギーに支配されるのが嫌だというか・・・

    自分の為にも読者さんの為にも
    明るく笑顔の情報発信を心がけるのは本当大切な事ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ