読者さんが月商100万達成しました!

今日は、とってもうれしいご報告がありました。

こちらです。


———————————————————————————————–
Bemさん、お久しぶりです。Mです。

昨日時点で月商100万突破しました!
電脳で仕入れ量が増えたのが要因だと思います。
意外とあっさりいったなと言う印象です。

かなりあの教材は為になりました。ありがとうございました。

またちょくちょく相談させてください。

それでは、失礼致します。
———————————————————————————————–



どうでしょうか?


こちらのMさんですが、
ちょこちょこメールを頂くんですね。


「せどり」を始めて今月で9ヶ月目の方です。


で、

5月に月商40万

6月に月商60万

と達成して

今月
100万を超えたということです。



短いメール内容ではありますが、

いやー
素晴らしいですね。



1年以内に100万を超えることが目標との
ことでしたが、あっさり達成されました。


あ、メールにある

「あの教材」って何?

ですが、

こちらですね。


http://densedoriperf.bem-win.net/



先月、
この「在宅電脳せどりPERFECT」を
購入されたんですが、
で、早速翌月にこの結果です。


Mさんはリアル店舗の仕入れを
メインにやりつつも、

電脳せどりも取り入れることにより、
売り上げが加速したんですね。



改めてせどりの可能性を感じましたね。


AmazonにはFBAという
超便利で優良な外注先があって
手軽に利用出来ます。



そのFBAを利用すれば、
時間も有効に使えて仕入れに集中できますよね。


売上を上げていく為には
資金をある程度は使って
回転させていく工夫は必要になりますが、
やればやるだけ成果が出るのが「せどり」です。



「100万なんて私には無理だよ!」


とか思わないで下さいね。




大事なことは
ただ自分の出来ることをきちんとやるだけです。


副業の方は時間との闘いがあります。


また最初のうちは、
繰り返して数をこなす必要はあるでしょう。


それは、リアル店舗の仕入れであっても、
電脳せどりであっても同じことです。


どっちつかずでなく、
どちらかに集中してやることも大切です。


あとはそうして、
出来る作業を毎日実践していって
実績を積み重ねていくだけじゃないでしょうか。



「在宅電脳せどりPERFECT」
ノウハウは丁寧に電脳せどりのやり方が
書かれています。


やり方が書いているんですから、
後はそれを毎日繰り返すだけですね。



在宅電脳せどりPERFECTでは「AmazonLife」を使用しますが、
そのトップ画面には様々なランキングがあって毎日更新されています。


 *予約商品人気ランキング
 *ホットセラーランキング
 *価格急上昇ランキング
 *お買い得ランキング
 *Amazon内価格差ランキング


それぞれ無料会員でも20位までは見られます。


これを毎日見ているだけでも、
身につく知識量は全然違ってきますよ^^



「今日はやる気が無いなー」

なんて時にでも


そのランキング内のデータを
見ているだけでもいいじゃないですか?


そこでハッと目に付いたものを
更にリサーチしてみるのもいいですし、

そうじゃなくても
そこで見ていた商品を覚えておいて、

後でリアル店舗に行ったときに
ふと安い値段で見つかることもあるかもしれません。
(ていうか良くあります)


ランキングに出てくるものというのは、
基本、最近動きのあった(売れた)商品なので、
売れ筋の商品ということもいえます。


多少目利きがなくても
できるのが「せどり」ですが、
目利きがついてた方が
当然いいに決まってますよね。


自分の得意分野を中心に目利きも
意識して取り組んでみて下さい。


また、他の人と比較する必要はありません。


とにかく
自分のやれることをただひらすらにやる。


これだけですね。



メールを頂いたMさんも、

「意外とあっさりいったなと言う印象です。」と書かれてますが、

懸命にやってたら案外目標を達成した時というのは
そんなものかもしれません。


ぜひあなたの成果報告もお待ちしてますね。


一緒に喜びましょう(^^♪





▼『在宅電脳せどりPERFECT』特典付きレビュー
  http://densedoriperf.bem-win.net/




それでは。



◆ 記事の内容が役に立ったと思われましたら、応援クリック頂けると嬉しいです(^^♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ